*「歴史を簡単にご紹介!」

掛軸は飛鳥時代、中国から仏教が伝来した時期に日本に伝わったといわれます。
当時は「掛けて拝する」という礼拝の意味があったようですが、平安時代から鎌倉時代そして、茶の湯が流行した室町時代へと時代の流れと共に、仏教画から、山水画など多くの「掛軸を飾る」文化が根付いてきたのです。 花鳥風月を題材にした安土桃山時代をへて文人画が流行した江戸時代に至り様々な絵師たちにより数多くの作品が世に出され、明治時代を経てさらに芸術的価値が高まり日本美術院などを生み出し、現在に至っています。

 

*「どんな絵の種類があるのでしょう?」

掛軸の絵には山水 四季の花 鯉猛虎 富士山 高砂 朝日 鶴亀

などいろいろな種類がございます。それぞれ意味がありますが・・・・

その一つ「山水」一般的な山水の構図をみますと

 遠山(とおいやま)   ・・・変わらない形・・変わらない平和・…安心、安定

 川・河・滝     ・・・刻一刻の時の流れ

 橋・船       ・・・人と人の架け橋・関わり・交流・絆

 老人・人      ・・・年老いても働ける・・・・健康

          ・・・安住の地

一つの絵の中にもこんなにたくさんの絵師の願い・思いがあるようです。

 

  店内に展示してございますのでお問い合わせくださいませ。

販売価格帯

※一般的な掛軸  プリント加工 や 一部手書き    12,000円20,000円

※手書きの掛軸  通常手書き掛軸 や 作家物 掛軸  30,000円150,000円